に投稿

ローラブラシ塗りのしかた

簡単に広い面を塗ることができるローラブラシを使った「ローラブラシ塗り」。DIYでも使われるようになり、ここで参考に塗り方についてご紹介したいと思います。ローラブラシ塗りに使用されるローラブラシは、シンプルがゆえ、使い方にも気を付ける事があります。まず、ローラブラシで不得手とする場所については、事前に“はけ”で処理しておくという下準備が必要な場合があります。前もって塗装する場所のチェックは欠かせません。下準備も終わりましたら、ローラブラシに塗料をつけていきます。はけ塗りでしたら、塗料缶にはけを入れてしまえばいいのですが、ローラブラシでは少し要領が必要です。まず、ローラブラシの1/3 ~ 1/2位のところまで塗料に浸したのち、それを金網の上で数回ころがします。ここで、塗料をブラシ全体に均等に馴染ませます。そしていよいよ塗り始めます。ブラシは、右上からそのまま下ろしていく感じで塗っていき、下まできたら今塗った左横に移動していく、という塗りを繰り返します。被塗装面全体へ均等に塗料を塗り終えたら、次に、塗りつけた塗料をならすため、はけ塗り同様、塗り方向と直行する方向に塗り広げていきます。これが終わったところで、もう一度初めからローラブラシを軽く押し当てて塗っていきます。これで、ローラマークが均一になります。ローラブラシという用具ならではの、均等な力配分でローラを動かしていくことがローラブラシ塗りのコツです。当然、ブラシを横にずらしていった時の継ぎ目ができやすいので、この継ぎ目を目立たないようにする、という気持ちで塗り進めれば、最終美しい仕上がりとなるでしょう。作業を終えた後の、ローラブラシの後始末と保管方法も大事なことです。各ローラカバーに合わせた“くぼみ”のあるへらでも作って、付着した塗料を根気よくしごき出したあと、洗浄液で洗い流します。最後に、ナップと呼ばれる、へらの毛にあたる部分のクセが付かないよう、立てて乾かしつつ保管しておきます。

に投稿

近年の塗料事情とリフォーム

最近の国内法規制改訂により、組成からスチレンモノマーを排除したパテも各塗料メーカーより発売されています。プライマーサーフェイサー(通称プラサフ)は、プライマーの持つ付着力・防錆力とサーフェイサーの持つ下地隠蔽性(サンドペーパーによるパテ研磨後の傷を覆い隠す効果)の両方を備えた塗料になります。プラサフには、1液形のラッカー系プラサフと2液反応硬化形のウレタン系プラサフが多く使用されています。ラッカー系プラサフは、速乾で研磨性に優れていますが、反面薄い膜厚しか得られません。ウレタン系プラサフは、固形分が高く、1回で比較的厚膜に塗装でき、付着性や耐水性などの性能面でも優れていますが、ラッカー系プラサフに比べて乾燥がやや遅くなります。最新の塗料事情を調べると、リフォームの可能性が広がるかもしれません。

に投稿

リフォームのトラブル例

約束の期日が来ても工事が始まらないとか、やるといったのに、やってくれないとか、後でこれらのことが判明したからといって、証拠がなければクレームもつけられないそうです。

そして費用に関して違っていたら見積書が証拠書類となるそうです。契約書の体裁というのは会社によって多少違う場合もあるそうです。請負代金や支払期日など最も重要な事項を記載して、請負会社、施主の双方が署名捺印をするそうです。契約書には契約約款という書類が付属するそうです。工期が延びたときや工事に瑕疵があったらときの取り決めなどといった重要な事項が記載されているということでよく読まなければならないそうです。大規模リフォーム、小規模リフォームと契約書は必ず交わすようにしなければならないそうです。