に投稿

ローラブラシ塗りのしかた

簡単に広い面を塗ることができるローラブラシを使った「ローラブラシ塗り」。DIYでも使われるようになり、ここで参考に塗り方についてご紹介したいと思います。ローラブラシ塗りに使用されるローラブラシは、シンプルがゆえ、使い方にも気を付ける事があります。まず、ローラブラシで不得手とする場所については、事前に“はけ”で処理しておくという下準備が必要な場合があります。前もって塗装する場所のチェックは欠かせません。下準備も終わりましたら、ローラブラシに塗料をつけていきます。はけ塗りでしたら、塗料缶にはけを入れてしまえばいいのですが、ローラブラシでは少し要領が必要です。まず、ローラブラシの1/3 ~ 1/2位のところまで塗料に浸したのち、それを金網の上で数回ころがします。ここで、塗料をブラシ全体に均等に馴染ませます。そしていよいよ塗り始めます。ブラシは、右上からそのまま下ろしていく感じで塗っていき、下まできたら今塗った左横に移動していく、という塗りを繰り返します。被塗装面全体へ均等に塗料を塗り終えたら、次に、塗りつけた塗料をならすため、はけ塗り同様、塗り方向と直行する方向に塗り広げていきます。これが終わったところで、もう一度初めからローラブラシを軽く押し当てて塗っていきます。これで、ローラマークが均一になります。ローラブラシという用具ならではの、均等な力配分でローラを動かしていくことがローラブラシ塗りのコツです。当然、ブラシを横にずらしていった時の継ぎ目ができやすいので、この継ぎ目を目立たないようにする、という気持ちで塗り進めれば、最終美しい仕上がりとなるでしょう。作業を終えた後の、ローラブラシの後始末と保管方法も大事なことです。各ローラカバーに合わせた“くぼみ”のあるへらでも作って、付着した塗料を根気よくしごき出したあと、洗浄液で洗い流します。最後に、ナップと呼ばれる、へらの毛にあたる部分のクセが付かないよう、立てて乾かしつつ保管しておきます。