曖昧な契約に注意

リフォームというのは、当初のプランの通りに進むことは少ないそうです。工事が始まる前にいろいろな変更を重ねることも多いそうです。それらの変更点をきちんと書面に残しておかなれば、トラブルの元になるのだそうです。「直して欲しいと言ったのに」「設備はこっちにして欲しいと言ったのに」と主張をいくらやったとしても、相手が「聞いてない」と言えば、証拠がないのでどうしようもないそうです。

こうしたトラブルを避けるためにあ、打ち合わせ内容をそのつど記録しておくのがよいそうです。住宅リフォーム推進協議会が提案している打合シートが、インターネットからダウンロードして使うことができるそうです。会社によっては、こうした書式を用意している場合もあるそうです。記録した内容は必ずコピーをとって、双方で保管しなければならないそうです。