契約後に変更がある場合

契約してから、内容を変更する場合もあるそうです。ときには工事が始まってから変更があることもあるそうです。契約をしてからの変更というのは、請負金額も含めて契約内容を変えることになるそうなので、工事内容変更合意書を作成しておくのがいいそうです。

これを作成しないと、後で追加工事の請求額が届いてびっくりするということになるそです。変更箇所をきちんと明記していること、金額の増減を明らかにしておくこと、こららの変更合意書にサインをすることだそうです。とくに工事中の変更とうのは、慌ただしいので金額を聞かないままに進めてしまいがちだそうです。けれど金額を聞かないで工事変更を依頼するのは大問題だそうです。きちんと見積もりをもらって、金額を了承してから依頼しなければならないそうです。お互い納得することが大切だそうです。