クーリングオフ

見積もりなど適切なプロセスを経ずに契約に持ち込もうとするのが、共通の手口だそうです。信用できない場合は、契約を避けるのが一番だそうです。もし契約してしまったらクーリングオフ制度を活用したらいいそうです。

クーリングオフというのは、訪問販売などを対象とする特定商取引法で定められていることだそうです。訪問販売は契約書面受領日から8日以内に郵便などの書面で行えば契約を解除できるそうです。発送した証拠が郵便局に残るような内容証明郵便などを利用すると確実だそうです。契約解除の文書を発信した時点で効力を発揮するそうです。契約から8日以内に発信していれば相手に届くのが8日目を過ぎていても問題はないそうです。訪問販売の営業マンがリフォームに詳しいというよりも売るために色々言っている場合もあるそうなので気をつけて欲しいそうです。